NOBUのNTOMO日記

ntomoをさらに楽しむ為の情報発信ブログ    (仮想空間&ガーデニングゲーム等の情報なども)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3D対応パソコン発売(ntomoも飛び出ちゃうのかな)

日本で初めてアクティブシャッター式の3Dメガネを採用した
3D対応パソコンが4月に販売されたそうです。

映像の立体具合は? アスースの3Dパソコンを試した! - デジタル - 日経トレンディネット


立体映像を楽しめる
3D対応エンターテイメントノート


・ Windows® 7 Home Premium 64ビット 正規版
・ ゲームや動画や写真を立体映像で楽しめる
・ 立体映像を実現する3Dメガネを付属
・ 3Dゲームを楽しめる圧倒的なハイスペックノート
・ クアッドコアCPUのCore i7-720QMを搭載
・ DDR3メモリを4GB標準搭載
・ グラフィックス機能にGeForce GTS 360Mを搭載
・ 大容量500GBのHDD容量
・ 1,366×768ドットの15.6型ワイドLED液晶を搭載
・ Blu-ray Discドライブを搭載


普通の画面での作業もでき、設定によって3D仕様に変更し
付属の3Dメガネで3Dを見ることができるようです。

3D効果を楽しめるのは、
DirectX 9対応3Dゲーム(最新のパソコンゲームはほとんど対応している)のほか、
富士フイルムの3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」で撮影した写真や、
大手動画共有サイト「YouTube」などのストリーミングビデオの一部。

ソフトウエアのアップデートにより、
今夏以降登場予定のBlu-rayの3Dコンテンツも楽しめるようになる予定だそうです。

DirectX 9対応3Dゲームが3Dで立体視できるのなら
「ntomo」も画面から飛び出るような立体感を味わえるのかな。


ちょっと気になるニュースでした。



追記
今回はノートの話題でしたが、
3D対応のめがね、モニター&それに耐えうるグラフィックボードを備えていれば
今所有のデスクトップでも少しの改良で3Dが楽しめそう。



あと3Dをメガネなしでみる技術もあるそうで、過去にも販売されていたみたい。
任天堂3DSもメガネなし3Dのようです。

【関連記事】
エヌトモの画像を3D画像にしてみた。


| おすすめツール | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ntomo.blog40.fc2.com/tb.php/258-8118a549

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。